Subscribe to ズワイガニが好きすぎる主婦M子のウェブログ Subscribe to ズワイガニが好きすぎる主婦M子のウェブログ's comments

お腹いっぱいカニを食べたい人にとって、

タラバガニほど身が多く堪能できるカニはないでしょうね(*´∀`*)

 

私も個人的には味噌より身が好きなので

お口の中で大きなかに身を転がして堪能したい派です(*´∀`*)

毛蟹とかガザミみたいに少しの蟹身では我慢ならんのです。

 

そんな大好物のタラバガニですが

そう簡単に買えるものではありません。

 

まるっと姿で買おうとすると・・・サイズによりますが

1キロ強くらいで軽く1万円くらいかかってしまう。

 

実際カニ身が好きな私はあの中心部の大きな甲羅部分はあまり必要ないので

いつも足だけを狙って買います。

 

その方が価格と身の量を納得して購入することができる気がします。

 

噂なので真実は分からないけど

悪い業者だと似ているアブラガニをたらばガニと言って販売してるところもあるとか。

足だけではちょっと判断しにくいんですが

生の時も湯でたときも色が若干違うので何とか見極めることはできそうですよね。

 

もう一つ気をつけなくてはいけないこと・・・それは茹で蟹を買う場合

それが浜茹で後の重さで売られているかどうかです。

 

実は生のカニは茹でたカニより重いので

生の状態で測ったカニの重さを表記しているところは

届いた茹でガニが想像より軽かったなんてことがあるそうです。

 

自分が思ってたサイズと違うっていうのは

食べる前から気持ちが凹むので、茹で後のキロ数かちゃんと明記してある

業者を選んだ方がいいってことですね!

 

ちなみに浜茹でって書いてあればその漁港で茹でられた・・

つまりその漁港で水揚げされてるってことなので

産地偽装の心配もなくなるんでしょうね(*´∀`*)

 

カニビルってヒルなんですよね(^_^;)

カニを宿主にしている寄生虫と聞くと何だか気持ち悪い・・・

 

でも美味しいカニを選ぶにはカニビルがたくさん甲羅についていた方がいいと

よく聞きます。

 

そんなに寄生虫がついたカニがどうして美味しいと言えるんでしょうか??

 

どうやらその理由として身がぎっしり詰まっているカニは

甲羅が固く大きいサイズのものらしいんですが・・・・

 

カニの甲羅は脱皮した直後は柔らかいので外敵に襲われないように

カニはあまり動かず捕食もあまりせず

自分の体内にある栄養を少しずつ使って生活しているそうです。

 

そのため身も痩せてしまってるそうです。

 

甲羅が固くなってこれば、活発に行動して栄養を取れるようになるので

身が詰まってくるそうで・・・・

甲羅が硬いイコール身が詰まってる証拠なんだそうです。

 

・・・で問題のカニビルはカニさんが脱皮してから時間が経てば経つほど増えていくので、

カニビルがたくさんついているカニは脱皮してから時間が経っている

よく動いているカニという考えなんだそうです。

 

理由はわかったんですが、寄生虫が生きてるのか、

そのカニ食べて大丈夫なのか心配ですよね・・・?

このカニビルは熱に弱いそうなので必ず熱を入れれば大丈夫なんだそうです。

 

カニビル以外にも他の寄生虫がいる可能性もあるそうなので

不安な人は生食はせず加熱して食べた方が良さそうですね。

ガッツリお口いっぱいに湯でガニをほうばるイメージのタラバガニと違って、

ズワイガニは適度な蟹肉なので、よく鍋にしたりしゃぶしゃぶにしたり

味噌を味わうために、蟹味噌を隠し味に使ったかに料理にすることが多いと思います。

 

実際市販されているタラバガニには味噌が入ってないことが多いので

身も味噌も味わえる蟹といえばズワイガニか毛蟹ということになるでしょう。

 

個人的には毛蟹だと味噌主流って感じで

ズワイガニだと蟹身2味噌1というイメージです。

 

湯でガニをそのまま頂くのもいいですが

せっかくなので一手間加えて堪能したいですよね☆

 

子供のいる家庭で作るなら半分は湯でガニで半分は蟹味噌入りのグラタンとか

蟹味噌入りのカニクリームコロッケとか、蟹クリームスパゲティとか・・・

洋食屋さんにありそうなものにすると美味しいでしょうね☆

 

エビと蟹って同じような使われ方をするので

エビ料理のアレンジでカニを使うというのも手だと思います。

 

大人だけの家庭では蟹味噌と醤油を混ぜたタレで湯でガニをいただいたり

かにみそを熱燗で頂くというのも贅沢でいいですよね。

 

購入した時の状態、例えば殻付きか殻なしかでも料理は変わってきます。

 

せっかく殻がついているなら蟹鍋もいいですし

甲羅をお皿に見立てた料理にしたほうが豪華な感じがします。

 

殻がなければカニメシとかコロッケ等の混ぜる系のお料理や、

蟹身を上手に使った料理がいいかもしれません(*´∀`*)

 

アレンジは無限大だけど蟹じだい美味しいから失敗が少ない・・

ある意味おいしい材料ですね☆

 

ズワイガニ漁は地域にもよりますが

乱獲を避けるために「漁をしていい期間」が決まっています。

 

大体11月から3月の間に設定されていて

丁度その頃が身も詰まって甘味が増し、旬といわれる時期になるんだそうです。

 

でも最近では年中ズワイガニが販売されているので

いつだと旬の採れたてガニに会えるのか

知らずに食べている人もいるかもしれません。

 

でもせっかくのブランドガニ。年に何度も食べれるものではないでしょうが・・・

旬じゃないときの味だとまた違った出会いになるかもしれません。

 

例えば実際の話で、たまたまズワイガニで有名な産地に行く機会があって

漁解禁の1週間前に市場に行ったときでした。

 

冷凍じゃないズワイガニが売ってたのでびっくりしたんですが

それはロシア産のズワイガニ。

 

もうすぐカニ漁解禁ということもあって、

宿泊施設でもズワイガニ食べ放題プランを勧められましたが

それは前年度に獲ったものの冷凍カニなんだそうです。

 

例えばカニ漁解禁の前月とかだったら、

1年近く冷凍されたカニの食べ放題ということになります。

 

やっぱり旬のものと比べたら劣化しているでしょうし、

味も違うと感動も違ってくるでしょうね。

 

同じかあんまり変わらないくらいの値段だすなら

旬なカニ食べたいですよね!

 

なので解禁日というのは美味しいカニを食べるには

絶対知っておかなければいけない日ということです。

 

山間に住んでるので・・・

カニの食べ放題は、

ご飯よりイクラの方が多いイクラ丼を食べる事に次ぐ夢のまた夢です。

 

これがカニ産地付近に住んでいる人はいくらでも行けるのかぁ。

羨ましい限りです。

 

ただ単にカニならなんでもいいわけではないんです。

ズワイガニかタラバガニでできればズワイはブランド名がついたものがいいな。

でもブランドガニだと料金も凄そうですね☆

 

よく一人数千円で行けるバスツアー等では

紅ズワイガニの食べ放題がよくありますよね(*´∀`*)

 

他には海沿いの旅館等で夕食とセットにしているプランが有名です。

・・・となると、旅行も兼ねて行く事になるので

軽く近場の海外旅行にイケてしまう額になりそうです(笑)

 

でもせっかくの食べ放題なら、宿泊して

ブランドガニやタラバガニ等・・・・普段食べれないようなものがいいです

よね!

 

なぜならせっかくお腹いっぱいで幸せな中、

暗い帰り道、雪で滑ったらどうしようとか心配しなくていいですもん☆

 

カニの旬は冬が中心です。北陸や北海道等の冬は本当に厳しいですよね!

 

背丈以上雪が積もってたりする地域もあるくらいだから

気をつけないといけません。

 

バスや電車等の公共交通機関も、もしかして自家用車で行く場合も、

運転には細心の注意が必要です。

 

やっぱりこうゆう時って近場の人は羨ましいわ(*´∀`*)人